上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月8日(日)は大洲市豊重にある出石寺に行きました。


山号は「金山」。その山号から「金山出石寺」と呼ばれています。

地元の方は、「いづしさん」とか「でいしさん」とか呼ぶ人もいるようです。

標高820mにあります。


駐車場に車を停めて歩きます。

まず目にするのは、熊野権現社と弘法大師像。

087_20120709220441.jpg
この地にも弘法大師が冬期に雪中修行を行ったという伝説があります。
開山当初の山号は雲峰山と称されていましたが、この山に鉱山があることから空海が金山と改めたといいます。

ここから長い階段を上ると仁王門があります。

002_20120709220101.jpg
この仁王門に続く階段の両脇に紫陽花がありますが、咲いていませんでした。
ここに紫陽花が咲くとずっと華やかになるのに残念。

仁王門の向かって右側に善めい先生の夢わらべがあります。

004_20120709221044.jpg
いい表情してますね。ほんわか癒し系の笑顔です。
善めい先生は八幡浜のご出身だったと思いますが、夢わらべはあちこちで見かけますね。

この仁王門にある鐘をつかせてもらいました。

006_20120709221808.jpg
仁王門を抜けると護摩堂と本坊があります。

010_20120709221937.jpg
写真は護摩堂。
この護摩堂には国の重要文化財に指定されている銅鐘があります。(しまった!写真がない)
朝鮮鐘ともいわれるこの銅鐘が朝鮮の高麗王朝時代に鋳造されたというからすごいです。

本坊の前には、千年杉が置かれています。

089_20120709223235.jpg
弘法大師のお杖杉と伝えられているそうです。
木の隙間に1円玉がたくさん刺さってます。

ここからもう1段階段を上がると、大師堂があります。

019_20120709223711.jpg
更に1段上がると金山出石寺本堂があります。

026_20120709223934.jpg
この本堂には県の文化財に指定されている「木造釈迦如来坐像」が安置されています。

大師堂があるところからの景色

011_20120709224842.jpg
青い空と緑の山々が美しい!

090_20120709225459.jpg
紫陽花もありますよ。

093_20120709225606.jpg
096_20120709225606.jpg
お気に入りの撮影ポイント。紫陽花の間(窓)から景色が望めます。

098_20120709225742.jpg
100_20120709225742.jpg


本堂からはこんな景色が・・・

103_20120709225959.jpg
031_20120709225044.jpg
紫陽花越しに景色を眺めることができます。

今度は逆から・・・紫陽花と本堂

033_20120709225201.jpg

本堂の裏側には蝶がいました。

107_20120709230147.jpg
112_20120709230146.jpg

雲がとても印象的だったので。

038_20120709225303.jpg

最後は帰りに見た紫陽花

130_20120709230327.jpg

紫陽花が本当にきれいでした。
標高が高い分、今がまさに見頃。
この感じだと今週いっぱいは見られるかな?



私の紫陽花めぐりもいよいよ大詰め。
あと1箇所行きたいところがあるんですよ。
さて、どこでしょう。

今週末に行く予定ですが、恐らくそこも見頃のはず。(多分?)

誰か一緒に行きませんか。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://iyomichi515.blog.fc2.com/tb.php/89-24df5333
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。