上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月4日(日)は秋の砥部焼まつりに行きました。


会場は砥部焼伝統産業会館周辺。


近くに坂村真民記念館があります。


折角なので行ってみることにしました。


053_20121128002525.jpg

052_20121128002524.jpg

008_20121128002702.jpg

入り口の横には、「念ずれば花開く」の石碑と菊の花がありました。

017_20121128002815.jpg

「念ずれば花開く」は勿論、坂村真民先生の本は結構読みました。

生前、何度かお会いしたことがあります。


菊の花もきれいでした。

018_20121128003101.jpg

009_20121128003101.jpg

010_20121128003100.jpg

015_20121128003100.jpg


館内も見てまわりました。

癒しの詩人、坂村真民先生の世界がここにあります。

真民先生の詩に触れ、人柄に触れることができます。

展示室のほかに映像コーナーや書斎コーナーがあります。

椅子があるので、椅子に座ってのんびりと真民先生の世界に浸ることができます。

真民先生の詩は、繰り返し読み返しても心に染みてきます。


帰りにショップでパンを買いました。

130_20121128003944.jpg

132_20121128003944.jpg

133_20121128003944.jpg

メロンパンかと思いきや、中にはみかんが入っていました。

「念ずれば花開く」みかんパンというところでしょうか。

なんだかありがたみがあります。




【坂村真民記念館】
住所 愛媛県伊予郡砥部町大南705
電話 089-969-3643
営業時間 9:00~17:00
休館日 月曜日
入館料 大人400円、小学生200円、高大・65歳以上300円
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://iyomichi515.blog.fc2.com/tb.php/341-6b8a80fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。