上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月6日(土)は、高知県越知町のコスモスまつりに行きました。


コスモスまつりの後、越知町観光物産館おち駅に行き、その後これまた市街地からほど近いところにある

大樽の滝 に行きました。

136_20121017222427.jpg
137_20121017222427.jpg
国道を外れるとちょっと狭い道を通りますが、距離にして1.5kmほどで駐車場に着きます。

駐車場から滝までは、500m程でしょうか。


最初に目に留まるのがこちら

138_20121017223449.jpg

140_20121017223449.jpg

142_20121017223625.jpg
143_20121017223624.jpg
遊歩道が整備されていて歩きやすいです。

144_20121017223811.jpg
146_20121017223811.jpg

そして、滝に到着です。15分くらい歩いたかな。

148_20121017224123.jpg

【大樽の滝】
仁淀川の支流の大桐川水系大樽谷川水域にある。
今から4億年以上前の花崗岩で形成された岩肌を流れ落ちている。
落差は34メートル。

滝の名は大きな樽の水を撒いたように豪快に流れ落ちることに由来する。
滝の上部には囲炉裏ヶ淵、中樽、上樽などの淵が点在し悲恋物語など伝説が残っており、
囲炉裏ヶ淵には大蛇が棲んでいたとの伝承もある。


滝の目の前に橋が架かっていて、この橋から滝を見ることができます。(上の写真は橋から撮影)

滝の右側から

137_20121017232234.jpg
138_20121017232352.jpg
139_20121017232351.jpg
滝の反対側はこうなってます。

140_20121017232619.jpg
143_20121017232618.jpg
橋の端のほうから見た滝
145_20121017232728.jpg
緑も綺麗ですが、紅葉するとさぞかしきれいでしょうね。

滝の左側から橋を見たところ

149_20121017232907.jpg
木の橋がいい感じでしょう。

滝の左側からは滝つぼのほうに降りて行けました。

150_20121017224122.jpg
151_20121017224121.jpg

152_20121017224121.jpg

153_20121017224120.jpg

156_20121017224119.jpg
水量の豊富な滝です。まさに名瀑。

日本の滝100選に選ばれています。

155_20121017225226.jpg


今は緑が多いですが、間もなく紅葉も見れそうです。

この日も何組かに出会いました。

町から近いこともあって訪れる人も多いのでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://iyomichi515.blog.fc2.com/tb.php/271-79a0a7aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。