上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月7日(日)、松山市堀之内城山公園で四角さん八角さんの鉢合わせを見た後、

一体走りを見るために勝岡八幡神社に向かいました。


一体走りはテレビでしか見たことがなく、生で見るのは初めてなんです。

県下でも他に例を見ない行事です。


7時半スタートと聞いてましたが、ちょうどその時間に着くことができました。

075_20121010193808.jpg
でもものすごい人出です。

038_20121010193930.jpg

040_20121010193930.jpg

041_20121010194031.jpg
午前7時半をまわってますが、まだ始まってないようです。

043_20121010194225.jpg

045_20121010194225.jpg
子供が神輿に・・・かわいいねえ!

そこへ上半身裸の若い男たち(青年)がやってきました。

046_20121010194640.jpg

052_20121010194639.jpg

054_20121010194639.jpg

059_20121010194638.jpg

056_20121010194638.jpg
愛媛県の中村知事もいらしてました。積極的にイベントに参加されてます。

いろんなイベントでお見かけしてます。笑顔が素敵ですね。

065_20121010195308.jpg

060_20121010194637.jpg
もう通りは人でいっぱい!

この道を駆け抜けていきます。



一体走り・・・


松山市勝岡町勝岡神社の秋祭に、祭神小千命は荒神様であり、氏子はその意を体し、
お旅所までの参道約100メートル余りの直線コースを、安城寺、和気、太山寺など、
旧和気郡の各部落の青年が神輿を一体づつかつぎ、疾走する行事です。

この「一体走り」は江戸中期から行われていたと文献に記録がのこるほど歴史のある行事です。

神輿は7体あり、神輿一体に青年十人ほどが裸にタスキ、フンドシ姿で四人で神輿をかき五、六人がこれをひきささえ、神輿は左右の揺れも見せず、上下の動揺もなく、一直線に疾く走ることが賞美されます。

松山市指定無形民俗文化財にもなっています。

赤、青、白、黄色の締め込み姿の男たちが、「わっさぁ、わっさぁ」の掛け声とともに参道に現れ、
およそ100メートルを駆け抜けていきます。


さていよいよ始まります

062_20121010195309.jpg

067_20121010195308.jpg

234 (100)


234 (104)

234 (106)


234 (113)

234 (116)

234 (120)

234 (123)

234 (126)

神輿は御旅所を出発してすぐに走り出すわけではなく、最初は歩き、ある地点から走り出します。

234 (132)

234 (139)

234 (143)

234 (146)

234 (149)

最後は子供神輿

234 (153)

234 (158)

234 (163)

若さって活力がありますねえ。

若い彼らがこの行事を受けついていくんですね。

071_20121010201627.jpg

234 (169)

初めて見た一体走り。

これほどまでとは思っていませんでした。

足並みを揃え力強く走る姿に、観客からは大きな拍手が送られていました。


神輿を川で清める川狩りも見てみたかったですね。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://iyomichi515.blog.fc2.com/tb.php/253-e46ba4ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。