上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月22日(土)、西予市野村町の蝶の楽園から西予市野村町惣川に向かいました。

惣川は西予市の東端にあたります。


ひたすら走っていくと、「土居家」と書かれた案内板が目につくようになりました。

020_20121004005716.jpg
まだこんな時間なんですよ。

「土居家」・・・聞いたことがあります。
こんなところにあったんだと思いながら行ってみることに。(これが一つ目の寄り道)

案内に従って進んで行きました。

見えてきた土居家。

021_20121004005949.jpg
手前の砂利のところが駐車場です。

花がたくさん咲いています。

252_20121004230106.jpg

253_20121004230105.jpg
255_20121004230105.jpg
256_20121004230104.jpg
258_20121004230104.jpg
同じピンク色のコスモスも少しずつ微妙に違ってます。

259_20121004230436.jpg

260_20121004230436.jpg
261_20121004230435.jpg
262_20121004230435.jpg

264_20121004230434.jpg

266_20121004230434.jpg

267_20121004230621.jpg
花にバッタが乗ってました。

268_20121004230621.jpg

269_20121004230620.jpg
駐車場と土居家の敷地の境に壁のように花が咲いていました。

こういうところがすでにいいですね。

025_20121004231210.jpg

【土居家】
かつて伊予と土佐を結ぶ街道の宿場として栄えた旧・惣川村「天神」。
この山里に残る庄屋屋敷『土居家』は、江戸時代の後期-文政10年(1827年)の建築と伝えられています。
昭和43年に町の有形文化財に指定されています。
「茅葺き木造民家」としては四国最大級の規模と歴史を持つ『土居家』。
その茅葺き屋根と軸組み部材の大きさ、樹齢数百年の屋敷林を背景にたたずむ姿は、180年余りの歳月を経た今もなお、訪れる人に感動と郷愁の想いを与え続けています。

その規模は、茅葺き入母屋造りで、間口12間余り(25m)・奥行き6間(12m)・高さ13m・建坪約91坪と、標準的な茅葺き民家の4倍はあります。

026_20121004231210.jpg
その横に佇む蔵・・・農村体験交流館の看板がかかってます。

027_20121004231327.jpg
この蔵でお食事や喫茶を楽しむことができます。

028_20121004232129.jpg
壁にこんな虫がいましたよ。

029_20121004232325.jpg

そうこうしていると、蔵のほうからご主人(といっても私より若い。それにイケメン。)が出てきて、
「中もご覧ください」と声をかけてくれました。

030_20121004232613.jpg

089_20121004234838.jpg

032_20121004232613.jpg

033_20121004232612.jpg

034_20121004232611.jpg

035_20121004232611.jpg
初めは外回りを見てましたが、中に上がらせていただきました。

036_20121004232827.jpg
囲炉裏があるんですよ。しかも火が入ってます。
雰囲気あります。

037_20121004232826.jpg

043_20121004233424.jpg
大きな釜もありました。

大釜は、造り酒屋の酒米を蒸すお釜です。
1800年頃から始められ、昭和30年頃まで酒が造られていました。
1日に約10俵(600kg)の米を蒸すことができたそうです。

039_20121004233100.jpg
21畳もある大広間。

041_20121004233215.jpg
番茶(ほうじ茶)が用意されてました。

ちょうど喉が渇いていたのでいただきました。

040_20121004233214.jpg

この大広間と囲炉裏の境に大黒柱があります。

建物の中心にあって、この家を支えている大黒柱。
『土居家』を象徴するこの柱は、52cm角で高さが10mもある松の巨木が使われています。


再び外に出ました。

建物の左手には離れがあって、宿泊もできるようです。

ちょっとした庭がありました。

059_20121004234120.jpg

044_20121004233911.jpg

045_20121004233910.jpg

048_20121004233910.jpg
この先は立ち入り禁止になっていたので、宿泊のお客さんがいたのでしょうね。

049_20121004233908.jpg

054_20121004234204.jpg

離れ
055_20121004234204.jpg
離れは明治時代の建築で、この建物も既存の姿のまま修復されています。

056_20121004234204.jpg
庭を歩いてると、トンボが飛んできましたよ。

051_20121004234418.jpg
053_20121004234418.jpg
058_20121004234417.jpg

062_20121004234540.jpg

090_20121004234907.jpg

素晴らしい建物です。感動しました。

現代の町並みを見慣れているからか、タイムスリップでもしたかのような錯覚にとらわれました。

ゆっくりと流れる時間、まわりの自然、本当の癒しってこういうことを言うのかもしれません。





【茅葺き民家交流館「土居家」】
住所 愛媛県西予市野村町惣川1290番地
電話 0894-76-0636
営業時間 9:00~17:00
休館日 月曜日、年末年始
入場料 無料
駐車場 あり(約20台)

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://iyomichi515.blog.fc2.com/tb.php/239-b7a2a5aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。