上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月15日(土)は高知県に行きました。

ただ高知県と言っても今回行ったのは、四万十市です。


朝5時に出発して、8時前には四万十市入りしました。

今回も高速は西予市から乗りましたが、早朝は車の通りも少ないのでスイスイ走れました。


宿毛~窪川を結ぶ土佐黒潮鉄道
009_20120918003046.jpg
雲が低いですね。何か波乱の予感?

四万十川に架かる四万十川橋、通称「赤鉄橋」
010_20120918003046.jpg
大正時代に作られたと聞いたことがあります。

032_20120918010558.jpg

間近で見ると赤い色がだいぶ落ちてるところがあります。



ここから沈下橋を見に行きました。

四万十川の沈下橋とは、増水時に川に沈んでしまうように設計された欄干のない橋のことです。

車で走ること20分。

いくつかある沈下橋の中で河口から一番近い沈下橋、「佐田の沈下橋」に到着です。

いきなり車で橋に乗っかっちゃったので、四万十川の写真から。

011_20120918004110.jpg

そして佐田の沈下橋

012_20120918004325.jpg

013_20120918004325.jpg
向こう側から車で渡ってきましたが、車を降りて歩いて見ました。

屋形船が見えます。

014_20120918004716.jpg

015_20120918004716.jpg

017_20120918004715.jpg
どうですか?

青い空に白い雲、緑の山、それに青く(緑)見える四万十川。

素晴らしい景色がここにはあります。

そして、今私が立ってる沈下橋。

川面に映る山や空の景色もいいでしょう。

018_20120918005103.jpg

019_20120918005103.jpg
川の水も透明度が高くてとてもきれいです。

川を泳ぐ魚の姿も見えました。

今度は反対側の下流の方向です。

020_20120918005504.jpg

022_20120918005319.jpg

023_20120918005319.jpg
太陽の光が川に反射して、こちらもいい感じ。


橋を渡り切ってから再び戻って、屋形船のある河原に行きました。

024_20120918005649.jpg

026_20120918005722.jpg

佐田の沈下橋は、四万十川最下流で最長の沈下橋です。
昭和47年に建設  全長:291.6m  幅員:4.2m

もっとも河口に近いこともあってか訪れる観光客も一番多いようです。

この日も私より先に橋を歩いているご夫婦がいらっしゃいました。
後からカメラを持った方もいらっしゃいました。

028_20120918010438.jpg

029_20120918010437.jpg

030_20120918010437.jpg

031_20120918010436.jpg

この佐田の他に、四万十市内だけでも深木、高瀬、勝間、口屋内、岩間、長生、中半家、半家の沈下橋があります。

本流にある沈下橋は確か22あったように思います。
支流まで入れると50以上はあるのではないでしょうか。0

四万十市に住んでた時に沈下橋めぐりもしておけばよかったなと今更ながらに思います。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://iyomichi515.blog.fc2.com/tb.php/215-d234c392
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。