上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月25日(土)は高知県に行きました。


道の駅南国に立ち寄った後、向かったのは、高知県安芸郡北川村にある「モネの庭」マルモッタン

前回高知に来たときに牧野植物園に行きましたが、その時から行こうと決めてました。



123_20120829003457.jpg


印象派の巨匠・モネの愛した庭として有名なフランス・ジヴェルニーの庭園。

クロード・モネの想いを高知の自然の中で再現したのが北川村モネの庭マルモッタンです。

モネの絵画は日本でも数か所で展示されていますが、「モネの庭」は日本ではここだけ。

絵画から飛び出してきた庭がここにあります。

モネの庭には光・花・水をテーマにした3つの庭があります。

モネが旅した風景がモチーフの「光の庭」、
様々な花の色彩がパレットのような「花の庭」
そして睡蓮の連作をイメージした「水の庭」


この時期おすすめは「水の庭」

モネが自らの庭で咲かせたいと切望した 青い睡蓮


本国フランスにも認められた美しい庭園です。




「水の庭」に続く道にもいろんな花が咲いていました。

032_20120829002839.jpg

033_20120829002838.jpg

034_20120829002838.jpg

ルドベキア・タカオ
035_20120829002837.jpg

038_20120829002836.jpg

040_20120829002836.jpg

ジニア
041_20120829003236.jpg

042_20120829003236.jpg

ガウラ
109_20120829003235.jpg

オミナエシ
119_20120829003234.jpg

シロガネヨシ(パンパスグラス)
117_20120829003234.jpg


121_20120829003234.jpg
壁の隙間から水が流れ出してます。涼しげでしょう。



次は、「水の庭」の睡蓮を紹介します。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://iyomichi515.blog.fc2.com/tb.php/186-4a3d53b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。