上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月23日(金)は松野町に行きました。


滑床渓谷に行った後、一旦「予土線!特選!!グルメ市」に戻りましたが、終了後今度は天ケ滝に行きました。


まずは駐車場から見える紅葉

370_20121216052136.jpg

371_20121216052135.jpg

いい感じに色付いてます。

駐車場の目の前に水車がありますが、その上の紅葉が綺麗でした。(1枚目の写真もそうですが)

471_20121216061356.jpg


476_20121216061434.jpg

378_20121216063504.jpg

この天ケ滝は、駐車場から滝までが近いので助かります。


380_20121216063937.jpg

381_20121216063937.jpg

382_20121216063936.jpg

384_20121216064131.jpg


天ケ滝
391_20121216064234.jpg


「天ヶ滝」は、奥野川渓谷の上流部あり、高さ30mの滝壁に、戸祇御前山から流れ出る清流が瀑布となって落ち、雄壮な景観を呈しています。

392_20121216230035.jpg


391_20121216064234.jpg


407_20121216230225.jpg


この天ケ滝のすぐ右側に寄り添うように「姫滝」があります。

小さな滝ですが、ひっそりとそこに佇んでいます。

413_20121216230224.jpg


415_20121216230224.jpg

落ち葉がこれだけあるということは、紅葉があったということでしょうね。


再び天ケ滝。

今度は少し滝つぼの近くまで下りて行って低い位置から見上げるように・・・

419_20121216231212.jpg


421_20121216231212.jpg


432_20121216231211.jpg

439_20121216231210.jpg


天ケ滝そのものには紅葉は見られませんでしたが、少し下りると見事な紅葉を見ることができます。

440_20121216232010.jpg

441_20121216232009.jpg

443_20121216232008.jpg

447_20121216232008.jpg

448_20121216232008.jpg

どうです、いい景色でしょう。

滝があって、川の両端に落ち葉も見られて、紅葉も素晴らしい!!

453_20121216232643.jpg

459_20121216232643.jpg


461_20121216232642.jpg


前回訪れた時に、秋にもう一度来ようと心に決めてました。

滝と紅葉はいい組み合わせです。


こういう景色を見たかったんです。

スポンサーサイト
10月6日(土)、高知県越知町からの帰りに仁淀川町にある中津渓谷に行きました。


204_20121114231030.jpg

四国の水辺88か所に選ばれた中津渓谷。

雨や渓流の流れが奇跡の景観を生み出しています。

遊歩道も整備されていて、見所満載の渓谷です。

紅葉の時期にはちょっと早かったですがご覧ください。


208_20121114231620.jpg

210_20121114231700.jpg

213_20121114231918.jpg

212_20121114231918.jpg

大きな岩に透き通ったきれいな水

214_20121114231917.jpg

渓谷のあちこちに散らばって見られる「七福神」
196_20121114231917.jpg

198_20121114231916.jpg

199_20121114232849.jpg

エメラルドグリーンの水がとてもきれいです。

200_20121114232848.jpg

218_20121114233033.jpg

220_20121114233110.jpg

うまい具合にオーラが出てるように見えるかな?

221_20121114233638.jpg

222_20121114233637.jpg

225_20121114233637.jpg

227_20121114233636.jpg

229_20121114233636.jpg

中津渓谷はこうなってます。

235_20121114233635.jpg

237_20121114234111.jpg

こんな所も通っていきます。

242_20121114234111.jpg

244_20121114234110.jpg

245_20121114234110.jpg

246_20121114234109.jpg

247_20121114234109.jpg


そしてこの先には・・・・・・

248_20121114234338.jpg

雨竜の滝

250_20121114234420.jpg

※雨竜の滝はあまりにもきれいで見事だったので、別にアップします。


ここから展望台に向かいました。

259_20121114234926.jpg

ちょっと上りが続きましたが、展望台に到着。

260_20121114234925.jpg

展望台からの眺望です。

261_20121114234925.jpg

263_20121114234924.jpg

ここから竜宮渕に向かいました。

264_20121114234924.jpg

267_20121114234923.jpg

269_20121114235228.jpg

270_20121114235228.jpg


渓谷美を堪能できました。

マイナスイオンをいっぱい浴びながら疲れたけれど、気分はリフレッシュ!!

途中、「紅葉滝」という小さな滝もありましたが、ちょうど小雨が降ったりしてブレてました。

七福神も一応撮って回ったのですが、あまりきれいでなかったので省いたものも・・・

全部見てまわると本当に見所満載の中津渓谷です。

秋の紅葉はとてもきれいでしょうね。



ここから帰りは県道を通って帰りました。

参考までに、中津渓谷の遊歩道は2.3キロあります。


この日は結構歩きましたよ。

この日の歩数は、20,796歩でした。


10月6日(土)は、高知県越知町のコスモスまつりに行きました。


コスモスまつりの後、越知町観光物産館おち駅に行き、その後これまた市街地からほど近いところにある

大樽の滝 に行きました。

136_20121017222427.jpg
137_20121017222427.jpg
国道を外れるとちょっと狭い道を通りますが、距離にして1.5kmほどで駐車場に着きます。

駐車場から滝までは、500m程でしょうか。


最初に目に留まるのがこちら

138_20121017223449.jpg

140_20121017223449.jpg

142_20121017223625.jpg
143_20121017223624.jpg
遊歩道が整備されていて歩きやすいです。

144_20121017223811.jpg
146_20121017223811.jpg

そして、滝に到着です。15分くらい歩いたかな。

148_20121017224123.jpg

【大樽の滝】
仁淀川の支流の大桐川水系大樽谷川水域にある。
今から4億年以上前の花崗岩で形成された岩肌を流れ落ちている。
落差は34メートル。

滝の名は大きな樽の水を撒いたように豪快に流れ落ちることに由来する。
滝の上部には囲炉裏ヶ淵、中樽、上樽などの淵が点在し悲恋物語など伝説が残っており、
囲炉裏ヶ淵には大蛇が棲んでいたとの伝承もある。


滝の目の前に橋が架かっていて、この橋から滝を見ることができます。(上の写真は橋から撮影)

滝の右側から

137_20121017232234.jpg
138_20121017232352.jpg
139_20121017232351.jpg
滝の反対側はこうなってます。

140_20121017232619.jpg
143_20121017232618.jpg
橋の端のほうから見た滝
145_20121017232728.jpg
緑も綺麗ですが、紅葉するとさぞかしきれいでしょうね。

滝の左側から橋を見たところ

149_20121017232907.jpg
木の橋がいい感じでしょう。

滝の左側からは滝つぼのほうに降りて行けました。

150_20121017224122.jpg
151_20121017224121.jpg

152_20121017224121.jpg

153_20121017224120.jpg

156_20121017224119.jpg
水量の豊富な滝です。まさに名瀑。

日本の滝100選に選ばれています。

155_20121017225226.jpg


今は緑が多いですが、間もなく紅葉も見れそうです。

この日も何組かに出会いました。

町から近いこともあって訪れる人も多いのでしょうね。
10月6日(土)は、高知県越知町のコスモスまつりに行きました。


コスモスまつりについては先にアップしたので、今回はその前に寄ったところを紹介します。


まず久万高原町に入って向かった先は、久万山だんだん市。

001_20121017003232.jpg
002_20121017003232.jpg
産直市です。

ここでトマトを買いました。うちの冷蔵庫にはいつもトマトが入っています。

ここから御三戸嶽を通り過ぎて柳谷へ。(今回は御三戸嶽の写真は撮りませんでした。)


面河川が綺麗だったのでちょっと車を停めて見てました。

003_20121017003716.jpg
どうです?早朝に見る面河川。

005_20121017003716.jpg
橋が架かってます。行ってみましょう。

006_20121017003715.jpg
橋からの眺めです。
007_20121017003715.jpg

008_20121017003714.jpg
私が立ってるところ・・・橋の真ん中。

009_20121017003714.jpg


ここからさらに高知方面に進んでいくと、国道33号線沿いに大きな看板が目に入ります。

010_20121017004302.jpg
012_20121017004617.jpg
※「滝の由来」については、看板をお読みください。

国道のすぐ近くにある滝。ほとんど愛媛県と高知県の県境になります。

とっても行きやすい。気軽に立ち寄ることができます。

この看板のところを入っていくとすぐ駐車スペースがありました。

そこに車を停めて、

石碑がありました。
013_20121017004617.jpg

014_20121017004616.jpg
階段(遊歩道)があるので上っていきます。

すると、すぐに滝が見えてきます。

017_20121017004839.jpg
018_20121017004839.jpg

019_20121017004942.jpg
ここで行き止まりのようです。

023_20121017005401.jpg

022_20121017005400.jpg

021_20121017005400.jpg
こちらの滝は水量が少ないと聞いてましたが、見る限りまずまずのようです。

高さは20mほどでしょうか。

滝は癒しを与えてくれますねえ。


先程の看板のある国道まで戻ると、すぐ向こうに面河電力面河第三ダムが見えました。

024_20121017005615.jpg

025_20121017005614.jpg

026_20121017005614.jpg
面河川、きれいですね。

002_20121017231253.jpg
003_20121017231252.jpg
光り輝く部分とエメラルドグリーンの部分、どちらも素敵です。

この面河川が高知に入ると仁淀川に名前を変えます。


実はこの日は、まだ滝を見ることになるんです。

滝めぐりの1日といっていいかもしれません。
7月1日(日)、西予市で開催されたどろんこ祭りに行きました。

でもどろんこ祭りは午後から。


午前中はというと、どろんこ祭りの会場をさらに抜けて三滝渓谷自然公園に行きました。


三滝渓谷の手前のところに紫陽花が咲いていました。

134_20120719231542.jpg

三滝渓谷自然公園は、さまざまな滝があり渓谷美が楽しめる自然公園です。
遊歩道も整備されていて、ウォーキングや森林浴には最適です。
四季折々の変化に富 んだ自然を堪能することができます。

015_20120719232218.jpg

この日は途中雨がぱらつく場面もありましたが、傘をさすほどでもなくどんよりとした空でした。

コースは上級者向けの「トレッキングコース」中級者向けの「てくてくコース」初級者向けの「るんるんコース」
に分けられていて、歩く人にあったコースを選ぶことができます。

019_20120719232425.jpg
散歩コースを歩いていて目に付くのがこの立て札。
コースの至る所に立てられたこの立て札には、その場所その場所に残る伝説が書かれています。

020_20120719232548.jpg
024_20120719232548.jpg
025_20120719232713.jpg
027_20120719232713.jpg
029_20120719232816.jpg
030_20120719232815.jpg
034_20120719233331.jpg
森林浴は、マイナスイオンや芳香性揮発物質が私たちの体に有効な作用があるとされています。
特に滝つぼのような水滴が分散する場所はマイナスイオンが多く発生していて、心身共にリラックスすることができます。

032_20120719233207.jpg
川の真ん中にある岩にユキノシタが咲いていました。

035_20120719233355.jpg

036_20120719233501.jpg
039_20120719233501.jpg

041_20120719233554.jpg
要所要所で時間・距離・消費カロリー・マイナスイオン量を表示してくれています。

042_20120719233554.jpg

043_20120719233841.jpg
044_20120719233840.jpg
045_20120719233839.jpg
049_20120719233956.jpg
051_20120719233956.jpg

二見滝に到着です。

052_20120719234109.jpg
053_20120719234108.jpg

054_20120719234221.jpg
わかりますか?写真の右と左に滝があるんです。

二つの滝を一目で見られることから二見滝と呼ばれるようになったそうです。

川のほうに降りられるようになっていたので降りてみました。

064_20120719234606.jpg
下からのほうがよく見えます。

067_20120719234738.jpg
073_20120719234737.jpg
マイナスイオンたっぷり。
ここが一番マイナスイオンが多いようです。

マイナスイオンを体感できますよ。

この滝までが、中級クラスの「てくてくコース」です。

ここからさらに上級コースが続きますが、今回はここまで。


すぐ近くにこんなところがありました。

079_20120719234950.jpg
080_20120719234950.jpg


帰りは車道を通って戻りました。えっ、車道???

車で二見滝まで来れるんだ。

まあ森林浴もできたし、まあいっか。


帰りの道端に咲いていたホタルブクロ

081_20120719235502.jpg
そして山の景色です。

082_20120719235546.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。