上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月7日(日)、松山市堀之内城山公園で四角さん八角さんの鉢合わせを見た後、

一体走りを見るために勝岡八幡神社に向かいました。


一体走りはテレビでしか見たことがなく、生で見るのは初めてなんです。

県下でも他に例を見ない行事です。


7時半スタートと聞いてましたが、ちょうどその時間に着くことができました。

075_20121010193808.jpg
でもものすごい人出です。

038_20121010193930.jpg

040_20121010193930.jpg

041_20121010194031.jpg
午前7時半をまわってますが、まだ始まってないようです。

043_20121010194225.jpg

045_20121010194225.jpg
子供が神輿に・・・かわいいねえ!

そこへ上半身裸の若い男たち(青年)がやってきました。

046_20121010194640.jpg

052_20121010194639.jpg

054_20121010194639.jpg

059_20121010194638.jpg

056_20121010194638.jpg
愛媛県の中村知事もいらしてました。積極的にイベントに参加されてます。

いろんなイベントでお見かけしてます。笑顔が素敵ですね。

065_20121010195308.jpg

060_20121010194637.jpg
もう通りは人でいっぱい!

この道を駆け抜けていきます。



一体走り・・・


松山市勝岡町勝岡神社の秋祭に、祭神小千命は荒神様であり、氏子はその意を体し、
お旅所までの参道約100メートル余りの直線コースを、安城寺、和気、太山寺など、
旧和気郡の各部落の青年が神輿を一体づつかつぎ、疾走する行事です。

この「一体走り」は江戸中期から行われていたと文献に記録がのこるほど歴史のある行事です。

神輿は7体あり、神輿一体に青年十人ほどが裸にタスキ、フンドシ姿で四人で神輿をかき五、六人がこれをひきささえ、神輿は左右の揺れも見せず、上下の動揺もなく、一直線に疾く走ることが賞美されます。

松山市指定無形民俗文化財にもなっています。

赤、青、白、黄色の締め込み姿の男たちが、「わっさぁ、わっさぁ」の掛け声とともに参道に現れ、
およそ100メートルを駆け抜けていきます。


さていよいよ始まります

062_20121010195309.jpg

067_20121010195308.jpg

234 (100)


234 (104)

234 (106)


234 (113)

234 (116)

234 (120)

234 (123)

234 (126)

神輿は御旅所を出発してすぐに走り出すわけではなく、最初は歩き、ある地点から走り出します。

234 (132)

234 (139)

234 (143)

234 (146)

234 (149)

最後は子供神輿

234 (153)

234 (158)

234 (163)

若さって活力がありますねえ。

若い彼らがこの行事を受けついていくんですね。

071_20121010201627.jpg

234 (169)

初めて見た一体走り。

これほどまでとは思っていませんでした。

足並みを揃え力強く走る姿に、観客からは大きな拍手が送られていました。


神輿を川で清める川狩りも見てみたかったですね。
スポンサーサイト
10月7日(日)、午前4時起床。

ゆっくりと支度をして家を出ました。

松山は秋まつりの真っ只中。


この日は松山城城山公園堀之内の特設会場で古町大神輿:四角さん八角さんの鉢合わせがあります。

古町会は、この城山公園を氏子エリアとする地元です。

四角さん八角さんの鉢合わせといえば県下、いや全国的にも珍しい。

5日(金)に道後の八町八体の鉢合わせを見て興奮さめやらぬ中、今年はいろいろ見てまわろうと考えてました。


南海放送の建物越しに見た月

234 (2)

夜明け前の堀之内

002_20121009220056.jpg

003_20121009220055.jpg
風もなく、お堀の水が水鏡になって町並みを映し出しています。

004_20121009220055.jpg
白鳥はすでに活動中です。

まだ太陽も昇らぬ暗い中、会場に到着。(6時スタートで30分前の5時半に着きました。)

005_20121009220359.jpg

006_20121009220359.jpg

この時間にしてすでに観客が大勢います。


6時前、遠くから威勢の良い掛け声が聞こえてきました。

神輿が会場に入ってきます。

234 (4)

234 (6)

234 (7)
234 (9)

012_20121009222432.jpg
しばらく場内を行進です。


地元の方が、四角さん八角さんについて解説してくれました。

四角さんは町方、八角さんは村方、町人さんとお百姓さんそれで「神輿」に「さん」をつける。
鉢合わせは、四角さんが勝つと「商売繁盛」、八角さんが勝つと「豊年万作」と言われてるそうです。

過去八角さんが強かったとも聞きました。

さて、今年は・・・・・・

鉢合わせは4回戦行われます。

014_20121009222601.jpg
にらみ合いが続きます。

017_20121009222657.jpg
「もてこい、もてこい」の声が合唱のように会場に響き渡ります。

018_20121009222754.jpg

動画を撮ったりしてたので、いきなりの鉢合わせシーン

234 (15)
234 (17)
234 (19)

026_20121009224417.jpg

234 (24)
234 (26)
234 (34)
234 (48)
234 (49)

男と男の勝負だけに怒鳴りたてるシーンも。

気合を何度も入れ直してました。


昇ってきた太陽
234 (57)

029_20121009224552.jpg
031_20121009224551.jpg

最初は八角さんの2連勝。

そのまま行くかと思いきや、四角さんが盛り返し立て続けに2連勝。

2勝2敗で互いに譲らない戦い。

両者納得のいかぬまま、当初予定になかった第5戦が行われることに・・・

さて、最後に勝つのはどっち?

234 (64)
234 (66)
234 (69)
234 (91)

最後に勝ったのは、四角さん。

2敗の後の3連勝。

底力を見せましたね。


四角さんと八角さんの鉢合わせ。
歴史があるだけに見てみたかったんですよ。



時間は午前7時過ぎ。

この後、移動して次の場所へ。
10月5日(金)、松山秋祭りが始まりました。


舞台を大街道商店街から道後温泉駅前に移しての鉢合わせが行われます。
とは言っても、本番前の前哨戦と言ったところでしょうか。


鉢合わせの前に、まだ神輿が到着してなかったので、ちょっと散歩。

067_20121006020144.jpg
やっぱり道後温泉は外せません。

道後温泉は、日本書紀にも登場する日本最古の温泉です。
聖徳太子も道後の湯に浸かったと行幸の記録があります。
どっしりとした構えの本館上の振鷺閣(しんろかく)には、伝説の鷺を据え、
また、毎朝6時に太鼓の音で開館を告げるなど、歴史ある温泉情緒をかもしだしています。
また、道後温泉本館は「千と千尋の神隠し」の湯婆婆の湯屋のモデルにもなっています。

069_20121006020501.jpg
街灯の灯りもきれいです。

072_20121006020501.jpg
子供神輿が通りました。

073_20121006020500.jpg
道後温泉空の散歩道

ここから眺める道後温泉も好きなんです。

075_20121006020500.jpg
079_20121006020459.jpg

082_20121006020459.jpg


道後温泉駅前に戻ってみると、

084_20121006020903.jpg
だいぶ人が集まってきてました。

少しして大街道から約2km、神輿が帰ってきました。

088_20121006021340.jpg

098_20121006021339.jpg

099_20121006021339.jpg
からくり時計の前に太鼓部隊もスタンバイOK!

101_20121006021338.jpg
このころには駅前も人、人、人

そんな中、次々に神輿が帰ってきます。

104_20121006021338.jpg

109_20121006021337.jpg

115_20121006021927.jpg

125_20121006021926.jpg


いよいよ鉢合わせです。(鉢合わせとは二体の神輿をぶつけ合うことを言います。)

129_20121006021926.jpg
「もてこい」「もてこい」の掛け声が響き渡ります。

130_20121006021925.jpg

133_20121006021924.jpg

136_20121006021924.jpg
かなりの人です。2階の喫茶店から見てる人もいました。


今度は激しく行ったー。
137_20121006022529.jpg

138_20121006022528.jpg
片方が崩れた。

141_20121006022528.jpg

142_20121006022528.jpg
神輿 対 神輿 の迫力のぶつかり合い。

勢い余って本当の喧嘩になりそうな場面も。

それだけ真剣勝負なんでしょうね。

まだ本番ではないのにこの迫力。見る側にとってはたまらなく面白い。

本番はどうなるんだろう。


最後までは見れませんでしたが、最後は伊佐爾波神社・湯神社に宮入です。


鉢合わせと言えば、喧嘩神輿の三津厳島神社、四角さん八角さんで知られる古町阿沼美神社の鉢合わせも有名ですね。


松山秋祭りは明日(6日:本祭)、明後日(7日:本宮)もありますよ。

何といっても7日の鉢合わせ本番は見ものです。




10月5日(金)、仕事帰りに松山市の城山公園を散歩です。

002_20121006001848.jpg
いきなり松山城のアップから。

003_20121006002120.jpg

004_20121006002120.jpg

NHK松山放送局方面
006_20121006002119.jpg

007_20121006002119.jpg

松山城と二の丸史跡庭園
008_20121006002118.jpg

再び松山城のアップ
010_20121006002118.jpg
城山公園から一番町へ

011_20121006002514.jpg

012_20121006002513.jpg
そして大街道へ。


10月5日は松山秋祭りの初日、「宵宮」

伊佐爾波神社・湯神社から宮出しされた八町八体の大神輿が、大街道に集結しました。

八町八体の神輿とは、
大唐人神輿、小唐人神輿、北小唐人神輿、築山神輿、持田神輿、道後神輿、湯之町神輿、溝辺神輿


013_20121006004735.jpg

016_20121006004734.jpg

017_20121006004734.jpg
見に来てる人の数も半端ないです。

各神輿紹介の後、大街道商店街での担き比べです。

021_20121006004733.jpg

023_20121006004733.jpg

024_20121006004732.jpg

035_20121006010049.jpg
お祭に欠かせない太鼓。

大いに盛り上げてくれてました。

担き比べの後、神輿が退場していきます。

033_20121006010048.jpg

038_20121006010048.jpg

040_20121006010047.jpg

044_20121006010046.jpg

045_20121006010046.jpg

049_20121006010644.jpg

055_20121006010643.jpg

058_20121006010643.jpg

059_20121006010642.jpg

神輿が退場した後、太鼓の人たちが集まってちょっとしたパフォーマンス。

061_20121006010642.jpg

062_20121006010641.jpg
まさにお祭り気分。


男たちの熱い秋祭りが始まりました。



この後、道後に移動しました。

道後温泉駅前で名物!「鉢合わせ」が行われます。

それはこの次に・・・。
8月18日(土)は久万高原町に行きました。


この日、久万高原町に来たのには理由があります。

昨年も行きましたが、みかわ納涼まつりが開催されるんです。


二名大陰の水(湧水)を出る時に雨が降り出しましたが、その雨も無事あがりました。

道の駅みかわで一眠りしてたら、少し時間を過ぎました。

会場は久万高原町役場美川支所周辺。

私が会場に着いたときには、「盆踊り」が始まってました。

辺りはもう真っ暗です。


063_20120908231935.jpg

065_20120908231934.jpg

夏と言えば盆踊りというくらい踊ってたように思いますが、最近あまり見かけませんね。
私だけでしょうか?
盆踊りもいいものですね。

067_20120908234213.jpg

続いてはマジックショー

077_20120908234350.jpg
さて、何が出てくる?

078_20120908234350.jpg
鳩でした。お決まりと言えばお決まりかな。

続いて登場の地元愛媛のアイドルグループ「ナノキュン」

昨年は、ひめキュンフルーツ缶が来てました。

156_20120908234948.jpg

171_20120908234947.jpg
「ナノキュン」も人気がありますね。
すでに親衛隊っていうんですか、若い男の子たちが統一の掛け声に振り付けで盛り上げてました。
ある意味、ナノキュンより目を引いてたかも・・・。

この後、景品付き餅まきがあって・・・私は12個取ったけど当たりなし。


お祭の最後は、御三戸嶽に上がる花火です。


190_20120909004932.jpg

217_20120909004931.jpg

270_20120909004931.jpg

279_20120909004929.jpg


340.jpg

359_20120909005232.jpg

364_20120909005232.jpg

368_20120909005231.jpg
後半、撮影場所が変わりましたが、花火の間隔が開いてもう終わったものと勘違いして
帰ろうとしたところに花火が上がったんです。

街灯の灯りが邪魔してますが、木の間に花火を見ることができて、これはこれでよかったのかなと思ってます。


これが8月最後の花火になりました。



道の駅みかわで見たユリ

052_20120909012441.jpg

053_20120909012440.jpg

054_20120909012440.jpg
ユリの向こうで水車が勢いよく回ってました。

057_20120909012439.jpg


これにて久万高原町レポート終了。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。